ネット通販便利手帳のブログ

ネットで見つけた気になる商品やサービスの記事をかいてます。

ニッスイのイマークSは血中中性脂肪の低下に効果があると評判です

 

血中中性脂肪を低下させるのに効果があるのは

EPA DHA血液サラサラ成分です。

 

健康診断や人間ドックなどで血中中性脂肪の改善をススメられた方にはイマークSはいいですよ。

 

イマークSの効果について

 

中性脂肪の数値が上がると善玉コレステロールが減ります

動脈硬化の原因になります。動脈硬化は心筋梗塞脳梗塞の原因にもなりますね。

対策としては血中中性脂肪を低下させること!

低下させるのに効果がある成分はEPA DHAです。

このEPA DHAは青魚に多く含まれています。

毎日の食事で青魚を食べれば特別問題はないのですが、中々毎日青魚を食べる事は難しです。

そこで、今回紹介する「イマークS」で日頃、摂取する量が少ないEPA DHAを補ってあげれば、血中中性脂肪を低下させる事につながります。

 

 

イマークSには一本にEPA DHA合わせて860mgが含まれています。

この数字は厚生労働省が発表している一日の摂取量の8割を摂取できるほどです。

 

青魚に含まれる血液サラサラ成分EPA DHAが手軽に摂取できるようにドリンクタイプです。

 

一日一本を4~12週間継続して飲んだ場合のヒト実験で血中中性脂肪が約20%低下したと言うデーターがでています。

 

EPA DHAの効果がハッキリと表われていますね。

 

ヨーグルト風味で飲みやすいドリンクタイプのトクホ(特定保健用食品)です。

 

あなたも、血中中性脂肪が気になっているのなら一度お試し下さい!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ポン